ファッションメンズ

革靴選びのポイント

革靴の事を色々と調べて、革靴とはどういうモノか、お手入れはどうするべきか、と言った事はわかりましたが、もう一つ革靴についてとても知りたい事が1つあります。それはどういった事を意識して革靴選びをするといいのでしょうかと言うことです。結局革靴のルーツや知識よりも、自分に合った革靴を探して、実際に履いてみて良いと思う事が一番大事な事になってきます。結局履いてみて足にフィットしていて疲れなくて、壊れにくいモノなら高くても安くても、それが一番合っていると言うことですからね。ここでは革靴選びのポイントについてもう少し調べてみます。
ちなみにですが、帽子って被りますか?革靴と合う帽子って結構あるのですよ。余談でした

素材と特徴

革靴と言えばやっぱり革ですね、その革の種類も結構あるようで、「どの革が良いのか」と悩んでしまう所では無いでしょうか、素材とその特徴について調べてみましょう。

やはり一番一般的な革で一番多く使われているのが牛革だそうです。厚くて丈夫なのが特徴と言われているようですが、この牛革は、牛の成長の度合いや雄か雌かによっても革のランクというか種類があるようです。革靴の基本といった所でしょうか。

牛があれば豚もあるだろうと言うことで調べてみるとやっぱりありました、豚革です。この豚革と言うのは、ほとんどが国産のモノを使用しているみたいで、非常に柔らかいのが特徴です。

その他にもカンガルーの皮やワニ、蛇、馬、山羊、羊などその種類は実に様々なようです。

ここで1つ思うのは、どの素材が一番良いのかと言うことですが、これに関しては、この革が良いと言う判断は難しいようです。それは、どの動物の、どの部分を使ったかによっても革靴の履き心地は違ってきますし、それ以外の革靴の作りや丈夫さも考えて選ばなければいけないからです。ですのでそれぞれの革の特徴を知って、自分好みの革靴を探して下さいね。

サイズ

これは革靴だけに限った事ではなく、スニーカーやサンダル等、履き物全てに共通している事ですが、履き物には、サイズというモノがあります。もちろん足のサイズです。この革靴のサイズですが、普通にセンチメートルの表示で売っているモノは、自分の足のサイズと合わせて買えば良いのですが、外国のブランドの革靴と言ったモノの場合、インチなどの表示で革靴のサイズを表示している事があります。ここで普通にセンチメートルの表示と数字が近いと言う理由で、革靴を買ってしまうと、履くときにサイズが違うなんて事になりますので、注意が必要です。

そしてなんとイギリス・アメリカ・ヨーロッパ・日本などその規格は違っているようなので、見た目やサイズを見ただけで選ぶのは、確実に革靴選びを失敗するポイントになってしまいます。

ですので出来るだけ革靴を購入しようと考えている時は、ネットや通信販売を使わずに、実際に靴屋さんへ行って、自分がピッタリと思っているサイズとその前後のサイズの革靴も履いてみて、自分に合った革靴を見つけるのが一番良い方法です。

それと日本人と外国の方では、足の形も違っているので、長さだけではなくて幅にも気をつけるとさらに良い革靴を選ぶことが出来ます。

日本サイズ・アメリカサイズ・イギリスサイズ・ヨーロッパサイズでその違いを表にしてみようかと思いましたが、探して見ると微妙にサイズが違っているので(日本のサイズで26pがヨーロッパの表示だと41だったり42だったりでした。)、欲しい革靴がある靴屋さんの表示で見るといいと思います。

Valuable information

全国の声優養成所ランキング

Last update:2017/9/20